へまを重ねる事

外為取引の経験の浅い方がマーケットの大切なところを探すためにはまず実戦を積み上げる事が大切です。

先にピンチを予期するようにするためにはへまを重ねる事も大切です。

 

とは言うものの、損をするといっても、再起できないほど重大なミスをする事は話になりません。

 

取り戻せるぐらいのケアレスミスを何回か実績を積む事が、あなたの経験を増やしてくれる。

 

こう考えると最初は少額資金で売買を行いそこで数度取り返しが付く負けを経験することが大切です。

 

仮に、100万円しか投資する余裕が無い方が、はじめから全て賭けて売り買いするとミスした時、二度とやり直せない危険性があります。

 

それよりは、たとえば資金の1割ずつ分けて取引して、それで売り買いを重ねた方が所徐に失敗を補う術なども学んでいくはずです。

 

まずはじめに少ない額で投資することの長所は、既出の通り、自分の経験を増やし損を管理する方法を学んでいく事にありますが、それと同時に、取引の回数を積み重ねる事で、危険性を小さくできるというメリットもあります。

 

仮定として、1回だけの注文で利益を上げられる確率が5割だと考えます。

 

言い換えると、同じく50%の確率で負ける危険性もあるということになる。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の割合で利益が上げられる事を意味している。

 

だがしかし、全てを使って1回のみのエントリーをするということは、勝つか、負けるかの片方になってしまいます。

 

これはたんに1度の賭けと同じです。

 

すなわち、全ての投資資金を投入して1回だけしかトレードしないと、その分だけ損する確率が高くなります。

 

そのため、お金を1回に全部つぎ込むのではなく少額ずつ分けて機会を重ねる事がリスク分散となります。

 

何度かに分けたとしても全てのエントリーで勝利する必要はありません。

 

というか、全て勝つことは出来ないのが現実だ。

 

売り買いで不可欠なのは勝つ回数ではなく、どのように利益を上げるかです。

 

勝率が50%でも、仮に勝率が低くても稼ぐ事は出来ます。

 

それ以上負けてもその損益がわずかであれば少ない勝利のプラスの大きさだけで相当儲けられる。

 

そのためには、損失を小さく、利益を大きくを気をつけておくことです。

 

損したら間髪を入れず損切りしてそれとは逆に利益を上げられる場合は上手に儲けることがFX投資初めての方が外為取引で勝利するための極意といえる。