ピンチはチャンスです

外為取引初心者の方が市場の要所を押さえるには、第一に取引経験を積み上げる事が大切です。

 

特に、あらかじめピンチを察知できるようになるためには、へまをすることも体験のひとつです。

 

マイナスになるといっても元に戻せないほど重大な損をしてはいけない。

 

やり直しが効く損を数度体験することが結果として自身の場数を増やす事が出来ます。

 

れを考えると、まず初めは少額資金でトレードを行ない、これによって数度取り返しが付く負けを経験することが大切です。

 

100万円だけしか投資資金がない場面で、考えなしで一銭も残さないで投資してエントリーすると、ミスした時今後再起できなくなってしまう恐れがある。

 

それより、10%ずつトレードを行ないそれで勝ち負けを重ねた方が、所徐に間違いをカバーする技術なども身についていくはずである。

 

はじめにわずかな額で売買する事の価値は先に書いたように自らの経験値を増やし、損を管理する技術を学んでいく事にありますがそれと一緒に、売買の回数を多くしてリスクを小さくできるというメリットもあります。

 

仮定として、1度限りの売り買いで儲けられる可能性が二分の一だと考えます。

 

同じく50%の確率で損する可能性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の可能性で勝てることを示しています。

 

だが、全財産をつぎ込んで1回だけのエントリーをするということは勝つか、負けるかのいずれかになります。

 

これではただ1度の丁半バクチと同じ。

 

すなわち、全てのお金を使って1回こっきりのエントリーしないと負ける確率が大きくなってしまいます。

 

だから、投資するお金を1度に全部投資するのではなく、少額ずつ分けて回数を多くすることがリスクコントロールとなります。

 

また何回かに分けたとしても、すべての取引で儲ける事は大切ではありません。

 

むしろ、勝利する事が出来ないのが実際です。

 

勝負で重要なのは、勝った回数ではなく、どのように利益を上げるかです。

 

勝半5割でも、また3割でも利益を上げる事が出来ます。

5割以上負けても損が少額ならば、わずかな勝利のプラスでかなり利益を上げられます。

 

それには、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。

 

損益が出たら素早く損切り注文して、稼げる場合には大きく儲けることがFX投資初心者が外国為替証拠金取引でプラスになるための極意です。