仮眠はイスに座ったまま

受験勉強中にどうしても我慢できない眠気に襲われたら、無理をせずに仮眠しましょう。
無理をして朦朧とする意識で勉強しても、頭に入りませんし効率も悪くなってしまいます。
仮眠は30分を上限とし、それ以上は眠らない方がいいでしょう。
勉強が終わって寝る場合はベッドに入ってしっかりと眠ることも大切ですが、仮眠の時横になって寝てしまうと体がだるく感じることがあります。
仮眠はイスに座ったまま机に突っ伏すか、ソファーに寄りかかって横にならないようにするのがおすすめです。
この体勢で15分~30分仮眠を取るだけでも、眠気が覚めてすっきりするはずです。
仮眠の後はコーヒーなどカフェインを摂るのもいいですね。
ミントの強いガムやキャンディーを食べて、気分をすっきりさせたらまた勉強を開始すればいいのです。
無理をしていつまでも起きているよりも、短時間仮眠を取ったほうが効率もアップしますので、我慢できないときには仮眠をするのも効果的です。

勉強スケジュールについての専門サイト!勉強スケジュールINFO16※受験生向けの勉強計画の立て方をcheck