メリットとデメリット

特定調停による方法も任意整理による解決と同じようにおのおのの債権者に返済を行っていくことを選択した借金整理の手順です。

わかりやすくいうなら裁判所が関係する借金の整理といえるでしょう。

任意整理による手続きと似ていますが、自己破産とは違って一部のお金のみを整理していくことになるので他に連帯保証人が関与している借入以外だけを処理したい場合や住宅ローンの分以外で処理する際等においてでも使うことが可能ですし築き上げてきた資産を手放すことは求められませんので土地などの財産を持っているものの処分してしまいたくない状況であっても活用できる債務整理の方法となっています。

 

しかし、後々返済していく額と実際の収入を比較しある程度返済の目処が立つようである場合はこの特定調停による方法を選択することは可能ですが破産宣告と異なり返済義務自体が消えるということではないため、借金の総量が多い状況の場合この手続きを進めることは困難になるということになります。

 

さらに、この方法だと公の機関が間に入るため司法書士等にゆだねなくても不利になってしまうことはないという点とか、お金をおさえられるという点は良いのですが、各債権者からの取り立てに対し自分で応対しなくてはいけないことに加え、実際の裁判所にことあるたびにおもむく必要があるというようなデメリットもあります。

 

また、任意整理による方法と比較してみると調停にて解決が得られないときには借入利息をすべて含めた金額で返していかないといけないといった点や結果的には貸し手に対して返済する合計が任意整理による処理と比べて割増しになることが多いなどといったデメリットもあります。