カードでお金を現金化!

カードでお金を現金化!

(公開: 2014年12月21日 (日)

あー、今月も使いすぎたー!現金なくなっちゃったよ・・・。家計簿つけてないし、どうしてこんな感じなのかわからない・・・。思い当たることと言えば、ホストに入れあげてることくらい・・・?もう30超えてるのに、私何やってんだろ・・・。

現金も、返済などなどで尽きちゃったし、ついにカードでお金 現金化しちゃったー!!!こうなったらもう開き直るしかないよね!キャッシングいっぱいいっぱいなんだもん、こうするしかなかったー!!別にアフターだって付き合ってもらうわけでもないし、お店の外で会える可能性だってほぼないんだけど、どうしてこんなにハマっちゃったのかなぁ?明らかに、売れてないんだよ、そうなの。だめんずなんだけど、そこが可愛くて仕方ないんだよぉぉ!!


気持ちがほっこりする時間

気持ちがほっこりする時間

(公開: 2014年9月10日 (水)

相変わらず時間を持て余して、ネットサーフィンの日々を送っている私ですが、最近見たサイトの中で注目なのがこのサイトです。

http://www.ramos-horta.org/osakachapel/

このサイトとか見てると、結婚も良いものですよね。最近も友達が結婚して、その幸せっぷりを見ていたら「結婚っていいなぁ」ってほっこりした気持ちになりました。


参照:utino-pet.img.jugem.jp/20110510_946254.jpg



幸せな人っていうのは、周りも幸せにする力を持ってますよね!絶対そうだと思います。

にじみ出る幸せ感というか、思わずにっこりしちゃいますよね。

スマホに入っている、友達が赤ちゃんを抱いてる写真とか、見返してはほっこり。

普段の自分のつまらないイライラとか、ほんとどうでも良いことでムカッとしてるのとか、忘れちゃいますね。

帰化申請の書類はすごい量

帰化申請の書類はすごい量

(公開: 2014年9月 8日 (月)

帰化申請の書類は、必ずしも全員同じというものではなく、担当者によって幅がありますが、もちろん不要なものを請求されることはないので、はじめにきっちり確定させましょう。やっぱり、帰化の申請者としては、提出書類は少ないほうがいいわけですけど、非協力的な態度は好ましくないです。時々、友人の帰化申請者が帰化申請に成功したり失敗したりしていますが、行政書士さんに依頼するなどして慎重に準備万端で望むような人は成功率が高いですね。帰化申請の書類は、大量なのです。


へまを重ねる事

へまを重ねる事

(公開: 2014年9月 1日 (月)

外為取引の経験の浅い方がマーケットの大切なところを探すためにはまず実戦を積み上げる事が大切です。

先にピンチを予期するようにするためにはへまを重ねる事も大切です。

 

とは言うものの、損をするといっても、再起できないほど重大なミスをする事は話になりません。

 

取り戻せるぐらいのケアレスミスを何回か実績を積む事が、あなたの経験を増やしてくれる。

 

こう考えると最初は少額資金で売買を行いそこで数度取り返しが付く負けを経験することが大切です。

 

仮に、100万円しか投資する余裕が無い方が、はじめから全て賭けて売り買いするとミスした時、二度とやり直せない危険性があります。

 

それよりは、たとえば資金の1割ずつ分けて取引して、それで売り買いを重ねた方が所徐に失敗を補う術なども学んでいくはずです。

 

まずはじめに少ない額で投資することの長所は、既出の通り、自分の経験を増やし損を管理する方法を学んでいく事にありますが、それと同時に、取引の回数を積み重ねる事で、危険性を小さくできるというメリットもあります。

 

仮定として、1回だけの注文で利益を上げられる確率が5割だと考えます。

 

言い換えると、同じく50%の確率で負ける危険性もあるということになる。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の割合で利益が上げられる事を意味している。

 

だがしかし、全てを使って1回のみのエントリーをするということは、勝つか、負けるかの片方になってしまいます。

 

これはたんに1度の賭けと同じです。

 

すなわち、全ての投資資金を投入して1回だけしかトレードしないと、その分だけ損する確率が高くなります。

 

そのため、お金を1回に全部つぎ込むのではなく少額ずつ分けて機会を重ねる事がリスク分散となります。

 

何度かに分けたとしても全てのエントリーで勝利する必要はありません。

 

というか、全て勝つことは出来ないのが現実だ。

 

売り買いで不可欠なのは勝つ回数ではなく、どのように利益を上げるかです。

 

勝率が50%でも、仮に勝率が低くても稼ぐ事は出来ます。

 

それ以上負けてもその損益がわずかであれば少ない勝利のプラスの大きさだけで相当儲けられる。

 

そのためには、損失を小さく、利益を大きくを気をつけておくことです。

 

損したら間髪を入れず損切りしてそれとは逆に利益を上げられる場合は上手に儲けることがFX投資初めての方が外為取引で勝利するための極意といえる。

 


返済が全然行えない場合

返済が全然行えない場合

(公開: 2014年9月 1日 (月)

免責不許可事由という意味は自己破産を申請した人へこれらの要件に該当する人は債務の免除を受け付けませんとなる内容を言及したものです。

だから、極言するなら返済が全然行えない方でも、これに該当している場合負債のクリアを受理してもらえないようなこともあるということを意味します。

 

だから自己破産を申し立て、免責を是が非でも得たい人にとっての最終的なステージがこの「免責不許可事由」ということになるのです。

 

これらはメインとなる不許可となる事項の概要です。

 

※浪費やギャンブルなどではなはだしく金銭を減らしたり借金を抱えたとき。

 

※破産財団に属する動産や不動産を明らかにしなかったり破損させたり、債権者に損失となるように手放したとき。

 

※破産財団の金額を故意に多くした場合。

 

※自己破産の責任を持つのに貸し手にメリットを与える目的で担保となるものを譲渡したり、弁済期より前に借り入れを返したとき。

 

※もう弁済不能の状態にあるのに虚偽をはたらき貸し手を信じさせて借金を借り入れたり、クレジットカードなどを利用してモノを決済したとき。

 

※虚偽による債権者名簿を裁判所に出したとき。

 

※債務免除の手続きから前7年のあいだに借金の免除を受けていた場合。

 

※破産法の定める破産手続きした者の義務内容に違反する場合。

 

上記8つの内容に該当がないことが免責の要件と言えるもののこの内容だけで実際のパターンを思い当てるのは、わりと経験に基づく知識がない限り難しいのではないでしょうか。

 

それに加え、頭が痛いことに浪費やギャンブル「など」となっていることからも分かるとおり、ギャンブルといってもあくまでも例としてのひとつというはなしで他にも挙げられていない場合が非常に多いんです。

 

具体例として述べられていない状況の場合は一個一個場合のことを挙げていくと限界がありケースとして言及しきれない場合や今までに残っている裁判の決定に基づく判断があるためそれぞれの事例がその事由に当たるかどうかは法的な知識がない方には一朝一夕には見極めが難しいことが多いです。

 

でも、自分がこの事由に該当しているとは考えてもみなかった時でも免責不許可の旨の決定をいったん宣告されてしまえばその決定が無効になることはなく、借金が残ってしまうばかりか破産者という名のデメリットを7年間受けることになってしまいます。

 

というわけですので、このような結果にならないために破産手続きを選択するステップで多少でも不安や不明な点がある場合、ぜひ破産に詳しい弁護士に話を聞いてみてもらいたいです。

 


ピンチはチャンスです

ピンチはチャンスです

(公開: 2014年9月 1日 (月)

外為取引初心者の方が市場の要所を押さえるには、第一に取引経験を積み上げる事が大切です。

 

特に、あらかじめピンチを察知できるようになるためには、へまをすることも体験のひとつです。

 

マイナスになるといっても元に戻せないほど重大な損をしてはいけない。

 

やり直しが効く損を数度体験することが結果として自身の場数を増やす事が出来ます。

 

れを考えると、まず初めは少額資金でトレードを行ない、これによって数度取り返しが付く負けを経験することが大切です。

 

100万円だけしか投資資金がない場面で、考えなしで一銭も残さないで投資してエントリーすると、ミスした時今後再起できなくなってしまう恐れがある。

 

それより、10%ずつトレードを行ないそれで勝ち負けを重ねた方が、所徐に間違いをカバーする技術なども身についていくはずである。

 

はじめにわずかな額で売買する事の価値は先に書いたように自らの経験値を増やし、損を管理する技術を学んでいく事にありますがそれと一緒に、売買の回数を多くしてリスクを小さくできるというメリットもあります。

 

仮定として、1度限りの売り買いで儲けられる可能性が二分の一だと考えます。

 

同じく50%の確率で損する可能性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の可能性で勝てることを示しています。

 

だが、全財産をつぎ込んで1回だけのエントリーをするということは勝つか、負けるかのいずれかになります。

 

これではただ1度の丁半バクチと同じ。

 

すなわち、全てのお金を使って1回こっきりのエントリーしないと負ける確率が大きくなってしまいます。

 

だから、投資するお金を1度に全部投資するのではなく、少額ずつ分けて回数を多くすることがリスクコントロールとなります。

 

また何回かに分けたとしても、すべての取引で儲ける事は大切ではありません。

 

むしろ、勝利する事が出来ないのが実際です。

 

勝負で重要なのは、勝った回数ではなく、どのように利益を上げるかです。

 

勝半5割でも、また3割でも利益を上げる事が出来ます。

5割以上負けても損が少額ならば、わずかな勝利のプラスでかなり利益を上げられます。

 

それには、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。

 

損益が出たら素早く損切り注文して、稼げる場合には大きく儲けることがFX投資初心者が外国為替証拠金取引でプラスになるための極意です。